2012-01-01

2012年のカード&1月の鍵言葉

皆様、新年明けましておめでとうございます☆


始まりましたね、2012年。今年は法王のカードに縁深い年です。

キーワードは、教育、伝統、理想などなど。
学ぶことや教えること、日本の伝統に触れること、理想を考えたり叶えることに対して、今年の氣が追い風となって背中を押してくれ、祝福された1年の航海になることでしょう。

それらのことが表しているのは、自分自身の位置を知り、足場を知り、進むべき道を踏みしめること。

追い風に乗り、鯉が龍になって飛び立つ為には、まず自分を知ること、そして自分の立っている「ここ」を知ること。ジャッジはいりません。淡々と見つめてみてください。

そうすることで、おのずから進むべき方向へ身体が導かれていくことでしょう。

今年は壬辰の年。
壬(みずのえ・水の兄・水の陽)と辰、龍の年です。

龍といえば、この日本の形こそ、龍と言われることもありますよね。

去年は日本とそこに暮らす私達にとって大きな試練のあった年でしたが、今年は水に囲まれた、日(太陽)の本の国である日本にとって、重要な年となりそうです。

立っている場所を知るということは、日本を知るということでもあります。

日本の伝統を知り、歴史を知って、自分が何者であるかを自覚し、日本人としてどう生きるのか、それをこの年は考えるように促してくることでしょう。

日本の法王といえば、天皇陛下ですよね。去年の震災時に、被災者を始め、全ての日本人の為に言葉を発し、祈り、元気を与えてくれたのは、天皇皇后両陛下であったと思います。

今年のカードと壬辰を象徴するような人物である天皇陛下、今年は日本にとって、とても重要なキーパーソンとなりそうです。

自分や足場に迷ったとき、陛下の姿や言葉に触れてみること、あるいは神社や寺に出向き、その場所の空気に触れることは、きっとあなたの助けとなり、力をくれることでしょう。

なぜならそうすることで、日本の歴史とその歴史の中に生きてきた日本人達の、子孫である私達の為の祈りや願いに、直に触れることになるからです。

孤独の中にいるとき、独りぼっちで辛いとき、この日本の、今いるその地面が経験してきた、遠い過去から今のあなたのいる瞬間までの、圧倒的に厚みのある記憶と情報に、思いを馳せてみてください。

龍の姿の日本という国土が、龍の子であるあなたに寄り添い、あなたを抱きしめ、包んでいる確かさと温かさをきっと感じることでしょう。


龍は想像上の生き物といわれていますが、目に見えないだけで、実際は存在する自然霊ということです。

目で見えなくても、私達の足元にいるのを感じてみてください。地に流れている龍脈の鼓動に耳を傾けてみてください。

そしてこの一年を、日本という龍の背に乗って、共に飛翔していきましょう。(龍の子太郎ですか(^^;)


今年一年を、そして今月も、素敵なものにいきましょうね☆


今年のカードの数字は「5」
普段通りにパーソナルカードで鍵言葉を受け取るのと同時に、ご自身のイヤーカードの鍵も受け取ってください。

今年のあなたと縁の深いカードであるイヤーカードは、
今年の数字「5」に、自分の生まれた月と日の数字をばらして足したものです。

例えば、11月24日生まれだったら、1+1+2+4=8
こうして出てきた自分の誕生日の持つ数字に、今年の数字を足します。8+5=13
今年のイヤーカードは「13・13番」のカードになります。

こんな風にして自分のイヤーカードがわかったら、下にある表からそのカードの鍵言葉も見てみてくださいね☆




*あなたのカードからの、今月の言葉をお届けします*

鍵言葉は、あなたのパーソナルカードから今月のあなたへの、4つの言葉の贈り物です。
キーワードやおみくじとして、メッセージとして、迷ったときのヒント、瞑想や思考のための材料・・・などなど、
あなたなりのアイデアで自由にこれらの言葉を見てみてください。きっと何かのカギになってくれることでしょう。

今月の鍵言葉、あなたのパーソナルカードの数字を使って受け取ってくださいね☆
__________________________________________________________

パーソナルカードとは
 パーソナルカードとは、あなたの生まれながらにして特殊な関係を持つタロット・カードのこと。
 0番の「愚者」から21番の「世界」までの、22枚のカードの内の1枚になります。

パーソナルカードの割り出し方
 ① 西暦の生年月日の数字を全部足します。
 ② 合計が21以下だったらそのままの数字
  22以上だったらその合計から22を引いた数が、あなたのパーソナルカードの番号です。

例:1980年1月1日生まれ
  1+9+8+0+1+1=20 
  パーソナルカードは20番の「審判」


  1970年3月11日生まれ
  1+9+7+0+3+1+1=22  22-22=0
  パーソナルカードは0番の「愚者」


  1975年9月28日生まれ
  1+9+7+5+9+2+8=41  41-22=19
  パーソナルカードは19番の「太陽」

__________________________________________________________

1月の鍵言葉は、龍の氣がより強まるよう、辰年生まれの方に引いてもらいましたよ~☆


0.愚者    ♠奇数 ♡達成 ♣16 ♢両極性

1.手品師   ♠鷲・四大の「風」 ♡先進が後進を助ける ♣逆転 ♢情熱

2.斎王    ♠水瓶座 ♡赤 ♣三角 ♢液体

3.女帝    ♠過去に学ぶ ♡情緒的 ♣猫 ♢必ず通り抜けなければならない道

4.皇帝    ♠発揮する ♡捜す ♣誤解 ♢隠す

5.法王    ♠使いこなす ♡永遠 ♣ほとばしる ♢直線

6.恋人    ♠征服 ♡見上げる ♣大地に根を張る ♢行動

7.戦車    ♠信念を貫く ♡着く ♣象徴・ヴィジョン ♢心

8.正義    ♠自覚 ♡子宮 ♣包まれる・束縛 ♢超越

9.隠者    ♠幸運 ♡9 ♣当てにしない ♢託される

10.運命の輪 ♠変身 ♡電波 ♣4つのもの ♢男性器

11.力    ♠帽子 ♡思慮 ♣男性性 ♢国際的

12.吊し   ♠詐欺 ♡均衡 ♣時と場合による ♢胸

13.13番   ♠世界 ♡拭き取る ♣問題 ♢インサイダー

14.節制   ♠内部と外部を隔てる障壁 ♡華と開く ♣心がわからない・欲望 ♢土地

15.悪魔   ♠本来の神性 ♡交渉・心がわからない ♣固執 ♢過去と未来を見る

16.神の家  ♠時間をかけて徐々に ♡エッセンス ♣求める ♢素直

17.星    ♠ゆっくり回る ♡人脈 ♣保険 ♢14

18.月    ♠忍ぶ ♡いさかいをやめる ♣杖 ♢命を育む

19.太陽   ♠後悔しない ♡入ってくる ♣祈り ♢リズム・偶然の富

20.審判   ♠不透明 ♡綱 ♣魂の声と肉体の声 ♢ひげ

21.世界   ♠治療 ♡陽 ♣元気 ♢牡牛・四大の「地」

______
____________________________________________________

何か心にピンと来たり、連想がふくらんだり、発見やシンクロがあるかもしれません。
バラバラで見る、繋げて文章にする、音に注目してみる、などなど色々遊べますよ。
他にも、自分に関わりのある数字や気になる数字の所を見てみたり、
言葉の中にカードの名前が出てきたらそこも見てみるなど、インスピレーションを使って自由に楽しんでくださいね☆

また、鑑定で出たカードの1つ1つを、その月の鍵言葉で調べてみると、シンクロやメッセージが見つかったりするようですよ。

なんとなくマイナスイメージな鍵言葉を見て心配になった方へ・・・解釈のヒントはこちら

こんな使い方をしてみた、こんなシンクロがあった、などのお話がありましたら、ブログ上で皆様とシェアしたいので、是非コメントで教えてくださいね♪


でも、使い道が何も思いつかなかったり、何か手がかりが欲しいときは、頭につけた記号を利用して、例えばこんなキーワードをヒントにしても。

♠:(剣) 男性性・陽    思考・決断・問題などについて     天と繋がる           (風) 双子座・天秤座・水瓶座
♡:(杯) 女性性・陰    愛・感情・心などについて       インナーチャイルド・潜在意識  (水) 蟹座・蠍座・魚座
♣:(杖) 精神・心・内   仕事・趣味・人間関係などについて   潜在能力・才能・使命      (火) 牡羊座・獅子座・射手座
♢:(玉) 行動・体・外   金運・健康・現実などについて     グラウンディング        (地) 牡牛座・乙女座・山羊座


今月の裏テーマの鍵言葉:30
            ↑なぞってみてね

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ゆつ

Author:ゆつ
*ようこそ天鳥船へ*

カモワン・タロットは、
占いのツールというより
世話好きでおしゃべりな
カウンセラーみたい・・・
と思いつつ付き合う日々。

カード達のメッセージを
あなたの元へ届ける
お手伝いを致します。
___________

*キリ番プレゼント*

キリ番を踏んだ方に、
オラクルカード一枚引き
を贈ります。

踏んだ方は、
鑑定のオマケと同じ
「エンジェルの癒し」
「アスクユアガイド」
2種類のカードの内
どちらかを選んだ上、
メールにて
お知らせ下さいね。

次は31700番、
31777番です♪

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック