FC2ブログ

中川昭一さんのご冥福をお祈りいたします

ゆつ

今日は、11時から故中川昭一さんの告別式の日ということ・・・。
先日の、1年で一番輝く満月の日に突然旅立ってしまわれ、多くの素晴らしい実績と力のある政治家だっただけに、
本当に悲しく思います・・・。

生前中川氏が言っていたとおり、「命をかけて」日本の為に仕事をしてくださった方でした。
遠い地からですが、ご冥福をお祈りいたします。

この中川昭一さんの死、私にとりましても予想外にショックが大きかったのですが、
ここで落ち込んでいても始まらないので、タロットでこんな事を聞いてみました。
簡単に書いていってみようと思います。


今回の中川昭一さんの死を通して、私達の知るべき事とメッセージは・・・?」



*見えていること:女帝・逆位置 & 視線カード:正義・逆位置

女帝・逆位置は、今回の中川昭一さんの死によって、希望を失っている状態を表していると思います。
今の日本の危うい状況と地盤、中川氏を失って、どうやってこれからやっていくんだという落胆、
未来に明るい希望が見出せず、視線の先にあるカードを悔しそうに見つめています。

視線の先にあるのは正義・逆位置のカード。正義が行われていないことを表していると思います。
この期に及んで、中川氏の正義や実績が、世の中にあまり報道されないこともそうでしょう。

正義はねじ曲げられ、それに対し何も出来なかった・・・と口惜しがっている状況、
それが、今回の中川氏の死を悲しむ人々の思いとして、この2枚のカードで表されていると思います。




*潜在的なこと:審判

「復活」の意味を持つカード。これは、人々が目覚めていくことを表していると思います。

「日本が危ない」と最後まで訴え続けていた中川氏の死、それが、一般の人々の目覚め、
そして、日本の復活に繋がっていくということだと思います。

以前今度の選挙って?の記事のタロットの「メッセージ」で出てきた太陽のカードと同じように、私達にとっては良い結果をもたらすもののよう。

苦しみを乗り越えての復活、つまり、この死を乗り越えての目覚めを示しているのでしょう。
今までは政治家に安心して任せてこられた分、これからは私達も自分の足で立つ、主体性を持ってやっていくべき、という事じゃないでしょうか。

空では天使がラッパを吹き、神の勝利を宣言し、墓の中から死者が甦っているこのカード。
中川氏は亡くなってしまったけれど、彼の志は人々に受け継がれる、という印だと思います。
決して悲観的な状況ではない、中川氏は最後の最後まで日本の為に、その死を以て人々の眼を覚まさせているところなのだ、ということなのでしょう。




*メッセージ:隠者

中川氏の死からの、私達へのメッセージは、隠者のカード。
このカードの持つキーワードに、探求、光明、意識の転換、密儀の伝授、覚醒、鍵、危機、引退、老賢人があります。

中川氏は、その死を以てこの世から引退することになりましたが、日本の危機を乗り越える為の智慧は幾らでもある、と言っていると思います。(彼の著書の帯にもそういう意味のことが書かれているので・・・)

日本を守るために日本人が考えておくべきこと日本を守るために日本人が考えておくべきこと
(2008/09/25)
中川 昭一

商品詳細を見る

彼はこの世から引退されましたが、彼が残した言葉は残っています。そして、沢山の可能性があること、これからに希望を持つことを伝えてくれているのではないかと思います。

この先の道は、私達にとって、日本にとって、風当たりの強い険しいものになるかもしれませんが、彼の言葉や智慧や数々の功績が、私達の行く手を照らすランプの明かりになってくれる、ということを、このカードの絵が見せてくれています。

日本は、今の私達だけのものではなく、過去の先祖から受け継ぎ、未来の子孫に伝え繋げなければならないもの。
私達1人1人が、ご先祖が育て護ってきたこの日本のことを、まずは学ぶことから始めましょう、ということだと思います。

今までは、日本に対して受け身(女帝)でいられたけれど、これからは目覚め(審判)、1人1人が日本を学び、次に伝えていく気概を持って進んでいきましょう(隠者)、そういうメッセージかと思います。

隠者は9の数字を持つカード。9日の告別式の今日は、中川氏のメッセージを受け取り、意識の転換をし、悲しみを乗り越えていくべき日なのだろうと思いました。

また、2009年10月9日のカードは「世界」。完成、大願成就、永遠、そして、新たな旅立ちが次にやってくるカードです。
(前日8日のお通夜は「審判」でした。この死を無駄にしないと心に誓った人々や政治家の方も多かったのではないでしょうか。)

2009年10月4日の命日は「神の家」、この死は私達に大きな衝撃を与えたけれど、これは私達に対する天からの試練・・・厳しいけれど、日本という神の家にとっては、私達の眼を覚ますのに必要な天啓、なのかもしれません・・・。



・・・こんな感じに読めました。

審判の天使を見つめる隠者のカードが、中川さんに見えました。今はまだ水面下でよく見えない日本の目覚めを、暗い夜の中、小さなランプの光明という確信を持って、じっと待ち続けてくれている、そんな風に・・・。

自分に何が出来るのか分かりませんが、私も今自分のすべきことをしながら、日本の伝統とか歴史とかいろんな事を、少しずつ勉強することからやっていこうと思います。それがなんとなく、自分の足を地に付けることかなあと思うので・・・。

飛翔する日本飛翔する日本
(2008/09)
中川 昭一

商品詳細を見る

Posted byゆつ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply