FC2ブログ

今度の選挙って?

ゆつ

3日前、ふと思い立って、今度の選挙ってどんな意味があるの?と4つの鍵言葉に聞いてみました。
忙しくて記事を書くのが選挙前日になってしまいましたが、こんなのが出てきました。


♠仕事に見合った報酬 ♡定規 ♣帽子 ♢南西


 ♠仕事に見合った報酬
ひとつは、マニフェストにうたわれている政策と手当の、財政的な事含めての釣り合いのことかな・・・?と思いました。いろんな政党がいろんなお得そうな手当のこと、年金のことを言っているのと、それを出すための財源の不透明さに批判があったりと色々言われていますが、基本的な視点として、「仕事に見合った報酬」というところから照らし合わせて見て見ろ、ということかなと。報酬よりも「仕事に見合った」の部分が気になりました。

スペード・剣は、意志、知性、思考、論理、決断、公正、統治、支配、困難を表し、政治や行政などに関係の深いもの。「政権交代」が今回の選挙の代名詞になっているけれど、なんとなく希望を託す姿勢よりも、冷徹に「仕事に見合った報酬」が得られるものを自分自身でしっかり吟味して選べと言うことかな、と思いました。

ちなみに、この鍵言葉は「正義」のカードから来ているものです。そこに正しさがあるか、という視点を示唆しているのかな、と思います。


 ♡定規
基準となるもの、線を引くもの。ハート・杯は医療・福祉・サービス業などに関わりが深いので、今回の選挙が、年金や手当などの面が、はかる上での基準になるのかと。

「定規」は規則を定める、とも読めるので、新しい法律や、今までと方針の変わるものに注目すべきなのかも。例えば、年金制度で言えば、自民の日本年金機構と民主の歳入庁の違い、とかを見ていくことも判断材料になるのかもですね。


 ♣帽子
日差しを防いだり頭を保護するもの、ですよね。という意味もあるだろうし、国防についてもよく見なさいと言うことかも。

帽子は被るとファッションでは全身の中で一番ポイントになったり、正装になったりするものでもあるかと思います。国のトップに掲げるのに相応しい者、という意味もあるかもですね。(そういう意味では、天皇や皇室を表すのかも?いろいろと深読みできますね。)

世界に向けてどんな日本を見せていくか、自分の頭を守るのにどんな帽子を被るのか、そんなところを表している気がしました。

クローバー・杖は、例えば友情や熱意、闘志を表すので、外に向けては外交関係、内に向けては信頼、また、農業・漁業・建設なども表すので、農業の問題、FTA(自由貿易協定)の問題、また建設関係の事も表すのかなとも。


 ♢南西
南西といえば、沖縄方面が浮かびました。ダイヤ・玉は、金貨や地を意味しているので、尖閣諸島(中国や台湾との関係含め)やガス田等、国土と資源、国の権利・国益に関わることかなと思いました。アメリカ軍基地のことや民主党の政策の「沖縄ビジョン」のことも気になりました。これからの外交問題で、沖縄方面の問題は、これから国を守る政権にとって、非常に重要な問題になってくるのかなと思いました。




4つの鍵言葉はこんな感じで、選ぶ際の視点を言われている気がしました。
なかなか興味深いので、タロットも引いてみました。

「今回の選挙の意味は?」


見えている(わかっている)部分:正義・逆位置

私達有権者にとって、どれが正義かわからない、公平さを欠く、と感じる状況のよう。結局誰が政権とっても一緒でしょ、という諦観のような雰囲気はここから来ているのかもしれません。
根底からひっくり返さないといけない、という思いや、現在の日本を取り巻く不況や北の核や領土などに関わる国自身が平和と言えない今、与党初心者の政党がうまくやっていけるのかという思い、マスコミの報道ではいまいち知りたい情報が入らない、どの政党も微妙、などなど、いろんなものが渦巻いていて、なんだかカオス状態。そんなハッキリしない難しい環境の中で、今回決断を迫られている感じですね。

上に書いたスペード・剣の鍵言葉は「正義」のカードから来ていると書きましたが、ここでこのカードが出たのを見て、財源の出所や使われ方が不透明、という議論が交わされている問題は、調べやすい判断材料を示すために出てきた鍵言葉とカードなのかなとあらためて思いました。


見えていない(隠されている)部分:手品師・逆位置

計画倒れ、口先だけ、あてにならない、空手形、ごまかし、騙しなどの、このカードの逆位置が持つキーワードが、マニフェストの裏に隠れている、ということかなという気がしました。聞こえのいい言葉ばかり飛び交っていて、あとで蓋を開けてみたら、こんなつもりじゃなかったとぎょっとするようなことがあるかもです。手品師のテーブルは四角なのに、足は3本しか見えないところに、何か隠されているものがあることを暗示していそうです。自分でよく調べてみなさい、ということなのでしょうね。

また、手品師は新規、仕事を始めたばかりの人などを表したりもするので、もし政権交代が起こるとすれば、これは民主党を暗示しているかもしれません。手品師のかぶる帽子(鍵言葉にも帽子、出てきたので気になりました)の形は∞、縦にすると民主党のマークに似ていなくもないですので・・・。

もしそうだとすれば、カードが逆位置なので、政権を取っても与党の経験がない分、テーブルの上の自分の道具(政策や財源)を使いこなせず、日本の舵取りがなかなか難しそうです。例えば過去、阪神大震災が起こったときの社会党の首相が、「初めてのことだから」と対応が遅れて被害を大きくしたことがありましたが、同じようなことが起きないよう、信頼できる与党として成長し責任ある行動をしてくれるよう、国民はちゃんと政治に関心を持って、目を光らせ、育てていく必要があるでしょう。手品師の足は左右を向いており、どちらでも行け、すぐに逃げ出せる状態で立っている姿を表しています。逆位置ですので、まだうまく立てない、迷いがあり問題に対応して動けない、という感じかもしれません。次の政権としての可能性が出てきたとき、自衛隊の給油問題などで見せたブレというか、反対意見を出されることで立ち位置が揺らいでしまう打たれ弱いところが、こういった姿勢として出ていそう。生まれたばかりの内閣が、安心して政治を任せられるところに育つまで、目を離せない状態になるかもですね。

質問の趣旨から行くと、私達有権者の姿ともいえるでしょう。カードの絵は書き込んだ選挙用紙を投票箱(カバン)に入れようとしているようにも見えます。1という数字を持つカードですから、「1票」を表すかと。逆位置であることから、この1票の重みは感じられない、自分の投票が日本を良くすることなどできるのだろうか?それほど大きな影響がこの1票にあるのだろうか?と、いぶかしんでいるように見えます。今回これだけ関心を持たれている選挙ですが、あるいは政治に対する無関心や、政治と自分たちが乖離して思える心情を表しているのかもしれませんね・・・。


メッセージ:太陽

このカードには、輝く太陽の元、新しく暗闇を抜けてきた子供とその子を迎え入れる子供の絵が描かれています。輝く太陽は日本を象徴し、子供達は国民を意味すると思いました。
太陽に集まる人々の祈りを表すしずく型のものは、国民が、どの政党やマニフェストの為でなく、日本の為に投票を行うことを表していると思います。

このカードは暗い夜を突き抜けて、明るい光の中に出てくることを意味していますので、国民にとって、そして日本という国にとって、人々の目覚めと新しい夜明けを表すものだと思います。このカードは吉兆カードでもあります。

太陽のカードには、友情・協力・統合などの意味がありますから、友愛を掲げる民主党を暗示するのかもしれませんし、政権交代が起こるとして、手品師・逆位置を自民党と捉えるなら、今まで権力とお金を手にしてきたが、この選挙の結果それが出来なくなる、とも取れます。自民党のマークは子供2人と太陽のマークだったりもしますから、勝つのは自民党ということかもしれないですが、結局、どちらが政権を取るか、ということに関してこのカードが出ているわけではない気がしました。どちらの場合にしろ、逆位置の手品師が、なんとなく浮かない顔で太陽の子供達を見つめ、2枚のカードの間に隔たりを感じるのは、やはり政府に対し、国民の結束が強まる、という意味があるように思いました。

今回の質問では、政権をどちらが取るかではなく、この選挙そのものについてなので、このカードのメッセージとしては、どのような結果になるにしても、国民が目覚め、希望を持ち、日本が今までの暗い状況から解放され、輝きを取り戻す一歩になることを言いたいのだと思います。



鍵言葉とタロット、私はこんな風に感じました。

どちらも読んでみた上で思ったことは、国民が政治に対して無関心でいられた時代は終わった、日本の未来が輝くためにある選挙、色々政党の掲げる政策を1人1人がしっかり吟味して、自分たちが国の主権者であり、国を守る義務があることを自覚して選挙に参加しなさい、と言っているのかな、ということでした。皆様はどう思われましたか?
Posted byゆつ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply