FC2ブログ

日食と皇帝

ゆつ

皆様は、丁度一週間前の22日の日食はごらんになられましたか?

前日は大雨、当日の天気予報も雨か曇り、とのことでしたが、きっと日本全国の日食を待っている国民の念で晴れるに違いない、と思っていたら、当日の曇り空、日食の途中で雲が薄くなり、三日月状の太陽を垣間見ることが出来ました。
(実は観察用の眼鏡、売り切れで買うことが出来ず、禁断の(?)煤けさせたガラスで見たら、雲の御陰で丁度眩しくもなく、見事な姿が見られました。感激!)

一番欠ける時間帯は雲がかかって見えなかったものの、薄暗い様子は体験できました。
全国の皆様、そしてみんなの願いを聞き届けてくださった神様、ありがとうございました!



ところで、日食の話を持ち出したのは、7月の鍵言葉を見ていて、「皇帝」の部分が目に入ったからです。

4.皇帝    ♠変容 ♡太陽と月 ♣22 ♢天界

これって、ものすごく、日食に関係ある気がして・・・。(記事にした時に気付けという感じですが)


 ♠変容・・・日食そのものを表している気がします。もしくは、この日食が何かに変容をもたらしたのかもしれないですね。

 ♡太陽と月・・・日食の主役ですよね。

 ♣22・・・7月22日の日付。同じ形のものが2つ並んでいるところから、地球から見て同じ大きさの太陽と月が重なっている様子、
     と深読みもできます。

     タロットに当てはめると、22は、パーソナルカードのように22を引くと0、「愚者」に当たります。
     新しい始まり、旅立ち。次の新たな段階の0。

     また、ソウルカード(誕生日から割り出す、縁の深いもう一つのカード)のように2と2を足すと4、
    「皇帝」なんですよね・・・!
     いろんな意味がありますが、具体的な実現、計画、行動、支配、そんなキーワードが浮かびました。

 ♢天界・・・まさしく天界で起きた、ものすごいタイミングの現象、ですよね。
      今年はガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡で宇宙を見た年である1609年から、丁度400年目という事で、
     「世界天文年」となっているそうですが、その事も関連ありそうですね。



誕生日の要領で、2009年7月22日のカードも調べてみました。

パーソナルカードは、2+0+0+9+7+2+2=22、22-22=0なので「愚者
ソウルカードは、合計が22なので、2+2=4で「皇帝

また、愚者皇帝です・・・!

愚者はカードの中で唯一、人物が歩いて移動しているカードなのと、
実は数字を持たないカードなので、本来昼間に見えない新月を思い起こします。

皇帝は、国を治めるトップということで、何となく太陽のイメージ・・・。
偉大な「男性」の王ということからも、陰陽の陽の極まったものとしての「太陽」も思い浮かびます。

月は陰だから、太陰と太陽が重なるのが日食、という感じでしょうか。

太陽の前を月が横切る事からも、皇帝の前を横切っていく愚者、というイメージですね。
とするとカードの並びは、左が愚者(左から右に歩いているから)、右が皇帝(足を組んで王座に腰掛けている)でしょうね。

視線を見ると、愚者と皇帝は見つめ合っています。対等、という感じがします。
本当は、太陽と月の直径は400:1、ということなので、対等じゃないのですが、
太陽から地球の距離と、地球から月の距離が、これも400:1ということの御陰で、同じ大きさのものとして、(地球にいる)私達からは見える、というのも、皇帝と愚者のカードの関係と似ている気がします。(宮廷内の王と道化の関係とも言えるかも?)
(しかも400:1、ここにもが・・・。ちなみにという数字には完成という意味があるそうです。)

この日付け、ものすごく日食らしいものなんだなあと思いました。



こんなに鍵言葉とタロットと日食が重なり合うと、一体この日食のメッセージは何だろうと気になるので、占ってみることに。

今回の占いは、これからメニューに足す予定の、隠れた意味とメッセージを知るためのタロットです。
占例としてやってみますね。

それによると・・・



日食の見える部分の意味:「恋人」

カードの上部、愛を表す矢をつがえた天使の、背後に隠れた白い太陽は実は頭蓋骨として描かれたもので、死を表します。
このことから、愛と死が一体であることを説明しています。
この場合、愛は、太陽が与える光の恩恵を表していると思われます。
死は、まさしく日食を表しているでしょう。周りに放射されている太く鋭い光芒は、コロナのようにも見えます。

カードの下部にいる3人の人物は、太陽・地球・月を表すと思われます。
この3つの惑星の関係性で、この日食が起きること、
その現象が奇跡であり、天の働きであることを、上部の天使が教えようとしているのでしょう。

「恋人」という単語から、日食は太陽と月のランデヴー(言葉古・・・でも宇宙船同士が宇宙空間で近づくことの意もアリ)とも言えるでしょう。
年に一度の七夕の織姫と彦星とは違う、希少で貴重なデートですよね☆ 日本の空にとっては46年ぶり、次回は26年後ですからね・・・。



日食の隠された意味:「審判」

この日食が、再生、復活を表していることを示唆しています。
新たな誕生であり、しかし、この現象の前とは違うステージに移行しています。
(愚者のカードの示すところとよく似ていますね。)

審判と恋人のカードの絵は、構図が非常によく似ています。このことから、恋人が表、審判は裏と、貼り合わせたものを透かして見ていくことで、情報をあぶり出すような構造になっているような気がしました。


カードの下部中央にいる人物が、両性具有の存在であることから、
太陽と太陰はすれ違っただけではなく、融合したと考えられるかもしれません。

またこの人物は「霊的な変容を果たした姿」を表していますので、日食の隠された意味も、霊的な変容ということなのでしょう。

下部の3人を惑星に当てはめるなら、中央が変容した地球、周りで祝福する両親が、太陰(月)と太陽を表していると思います。


恋人のカードでは天使の存在に気付かなかったものが、このカードでは、天使を見上げていることから、
この日食には深い意味が隠されていることを知るべきだと言っていると思います。

また、恋人のカードで裸の子供の姿だった天使が、審判のカードでは若者で服も着ていることから、見えない世界で起こった成長を表していると思われます。


さらにこの天使は、水星の意味も持っています。
皆既日食が起こったところでは水星も見られたことから、この水星も隠された意味を持っていそうです。

そこで、水星のことを調べてみました。

タロットの天使の姿は、水星の惑星記号を表し、これはヘルメスの杖を図案化したものということ。錬金術では水銀の元素記号として使われ、ヘルメスは水銀とも関連付けられたため、錬金術の祖でもあるそうです。

水星の名であるマーキュリーは、ローマ神話のメルクリウス(Mercury)、商業と盗賊の守護神で、ギリシャ神話の神々の使者ヘルメス(Hermes)からきているそうです。

西洋占星術では、双児宮と巨蟹宮の支配星で吉星言語知性の象徴で、その人の思考言語表現、言語化された知識情報、基礎的な教育に関連しており、また流動性を示すことから、知識・情報以外のあらゆる伝達手段や移動のための媒介物流通商取引も関係があるそう。旅行兄弟にも当てはまるということ。

沢山のキーワードが出てきましたが、
錬金術から、ありふれたものが金のように貴重で価値あるものに変わった、価値観の転換、あるいは求めていたものが手に入る
神の使いから、この日食は天からの重要なメッセージであること
吉星から、それはいい変化である印
知性・言語・思考・情報から、価値観の変化は、目に見えるものではないが、言葉を伴うかたちで得られる、あるいは学ぶ
伝達・移動・移動から、審判や愚者のカードの「次のステージへの移行・新しい始まり」を強調
流動性から、その方向に流れていくこと、また、変化に対する柔軟さが必要(流れに抵抗して溺れることのないように)、
商業から、今の世界的な不況(カード下部の迷路の絵が象徴)も、この変化と復活のためにあること・・・etc.
・・・そんなことが思い浮かんできました。

日食の起こった7月22日は、水曜日でしたので、この日食と水星の持つメッセージはさらに強調されると思います。



メッセージ:「戦車」

この日食が表す、宇宙の錬金術・霊的な変容が、成功したことを表していると思います。

この戦車に乗る人物は、陰陽両極を表す太陽と月の付いた王しゃくを持った錬金術の導師。人間界での成功を表す王冠を被っているので、地球に対する天の仕事は滞りなく出来たということかと思います。腰に手を当て、王しゃくの日月の部分を見ている姿から、この仕事に対する達成感を感じました。

過去の制限のある世界から、未来の心のままに動き回れる境地へ。
その変容の境目であり、移動のための媒介物だったのが、この日食だったと、この人物は語っているようです。

またこの人物は、恋人や審判のカードに出てきた、「地球」に例えた中央の男の、変容に成功した姿かもしれませんね。

私達を縛っていた見えない鎖は、もう外れているようです。
心から望む道を選び、勇気を持って歩き出せば、そこへ進んでいくことが出来る、求める世界は大きく広がって待っている、
地球上の私達人間に対して、そんなメッセージをくれていると思いました。



大変長くなりましたが、こんな鑑定になりました。

4つの鍵言葉から始まり、パーソナル&ソウルカード、タロットまで、予想以上にみんな繋がっているような気がして驚きました。

2009年7月22日の水曜日に日本で起こった日食の意味、皆様はどんなふうに思われましたか?
Posted byゆつ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply