FC2ブログ

4つの鍵言葉:S様の場合

ゆつ

今回は、カモワンのご依頼下さったS様がオマケに選ばれた「4つの鍵言葉」とそのやりとりを、記事にさせていただきました。
皆様の参考にしていただければ幸いです。                 2009ー05ー15 下の方にオマケを足しました。)


「4つの鍵言葉」のレシピは、以下の通りです。

1.まずお客様に言葉を受け取っていただき、しばらくご自身のインスピレーションにお任せします。

2.その後、ゆつの印象をお送りします。

 (送るタイミングは2009年5月14日現在、お客様が受け取りたい時点にご連絡いただいてから、
  ご連絡がない場合は、しばらくしてからこちらから確認した後に、お送りしています。)

3.第3者の印象を聞くことで、出てくるインスピレーションも見ていっていただきます。

鍵言葉を使ってご自身の中からインスピレーションを引き出す・・・こんな風に使っていただいています。

__________________________________________________________

こんばんは!Sです。おかげさまで、元気でございます。^^

4つの鍵言葉。こちら ♠利用する ♡父の家 ♣境 ♢吠える で御座いますね…!

「境」と「吠える」はすぐに思い当たりました。これは、そのまんま…だと思います。(吠えてました。笑)

父の家、も何となく「こんなニュアンスかな?」というものがあります。


思い当たることありましたか!良かったです。


「利用する」…。これが一番「???」という感じです。
抱えている問題を利用する。ピンチに見えて実はチャンスなんだよ、ということかなー、とか^^



私も、この言葉を見たとき、そんな印象でしたよ!きっとそうなんだと思います。


ピッタリ来るものもあれば、ちょっと頭をひねるものもありますね。


4つの鍵言葉って、頭をひねらされますよね・・・。
私の印象をお話させてもらいますね。何かのヒントになってくれるといいなと思います。

私は、4つの鍵言葉を見ると、4つまとめて見てみることをよくしています。
鍵言葉は、カモワン・タロットのキーワードからから生まれたわけですが、カモワン自体が、カード同士の関わりで読んでいくところがありますので・・・。

利用する 父の家 境 吠える・・・そのように見ていくと、なんとなく、
今の状況はで、吠える時(今まで心の中に閉じこめていた思いを全部出す時期)だから、父の家(私はこれ、カウンセリングルームかな、と思いました。ゆつ注:S様はカウンセリングをご利用していると聞いていましたので)をその為に利用する、という印象でしたよ。

順番に、言葉ごとに思いついたことも書いておきますね。

利用する・・・今の時期、出会うもの、ふと気になったものを、なんでも利用してみる、という感じだと私も思います。他には、何かを「利用する」中で、何かを見つけられるのかもしれないですよね。乗り物だったり図書館だったり、何かは分かりませんが・・・。そういう意味では、実際にちょっと行動してみる感じなのかな、と思いましたよ。それが、自分の内面を整理するためになっていきそうですよね。今は時間にはあまり縛られないと思いますので、今という時を好きなように活用すると良いのかな、と思いました。私も、S様の言うように、ピンチに見えて、今ってものすごいチャンスの時なのだと言っているのだと思いますよ。

父の家・・・「神の家」のカードから来ている言葉。思いついたことを言いますと、父親、父方の郷里とか実家とか親戚とかかもしれないですよね。教会や神社やお寺かもしれません。あるいは会社、学校。建造物。男性。上にも書きましたが、カウンセリングしているところ。「神の家」のカードからすると、今回の事を通して、天からのメッセージを受け容れると、ビックリすることばかりかもしれないけれど、その後、ものすごくいい変化になっていきますよ、ということもありそうです。お父様とコミュニケーションを取る、お父様やS様ご自身の子供の頃などの昔の話や、お父様の就職の頃や今までの会社の話を聞いてみる、とかも良いかもですよね。

・・・「13番」から来ている言葉。今の時期を表していると思います。これからどんな道を進みたいのかな、と立ち止まって考える作戦タイム、今までの人生とこれからの人生の境目、そんな感じがします。この言葉の意味を調べてみると、土地の区切り、しきり、境界、物事の分かれ目、際(きわ)、境界の内、地域、範囲、境地、境遇、ということです。漢字の意味は、土地の区切り目、物事の境目、一定の範囲の場所、地域、人や物の置かれている、周りの状態・地位、学問や技術などを習得する段階、とあります。漢字の解字は、「音+人」もしくは「章(音楽のひと区切れの略体+人)」人が音楽の一楽章を歌い終わって区切りを付けた様を示し、「おわる」と訓じる。境は「土+音符・竟」で、土地の区切り。結構土地や環境も意味しているようですので、国境や県境、住んでいる町の境、勝境(景色の良いところの意味だそうです)に、旅行や足を伸ばしてみるのも、気分が変わって、自分の状況を全然違う角度から見られたり、自分の外の世界をかいま見られて面白いかもですよね。(海も境の1つかもですね)

吠える・・・「月」のカードから来ている言葉。カードの意味からすると、心と肉体のバランスを取る、という感じ。心や体の叫びをじっくり聞いてやる。S様がやったように、実際に吠えてみるのもあり。境のところで、土地の話もありましたが、あんまり人のいないような山とか眺めの良い場所で、わ~!とか叫んでみるとか、カラオケや車の中など、気兼ねなく大声を出せる場所で、本当に叫んでみる、心のままにモヤモヤを言葉に出してみる(それを実際の耳で聞く)、泣いてみる、気に入った歌を歌ってみる、というのはなかなかいいのではと思いました。そうやって、心の中のものを肉体を通して出してみる、心とか考えずとにかく身体を動かす、実際の肉声を出す、とスッキリするのかもしれないですよ。言葉についた記号からすると、グラウンディング効果もありそうですので、今の足場が定まらなくて苦しい感じに対しては、かなり即効性がありそうです。

こんな感じのことを思いつきましたが、鍵言葉を「利用する」肥やしになればいいなと思います(^^)



ゆつ様からの4つの鍵言葉のヒント、とても面白いです…!


楽しんでもらえて良かったです!私の印象は、参考程度に、あ、これはいいかもと思えば「利用して」ください(^^)
きっと別の人がこの鍵言葉を見たら、また違う印象を持たれると思うので、親しい人に、これってどう思う?と聞いてみるのも面白いかもですね。



私は、4つの鍵言葉を見るとき、4つまとめてみることは、意外に盲点でした。
剣・杯・杖・玉という個々別々に考えるものだと思い込んでいたので。4つまとめた言葉というのは、とてもしっくりきますね。


4つまとめてみるやり方がしっくりきたとのこと、良かったです。

実は、鍵言葉を作った頃は、記号はなかったんですよね。今月の運勢用に使おうとお披露目するときに、小アルカナの剣・杯・杖・玉の数で、4つと決めたのですが、その時に、もし何も思いつかなかった人のために、と記号を付けておきました。

これは、カモワンを引くとき、一応基本が3枚で、過去・現在・未来にはなっているけれど、カードの出方で、全てが同時期になってみたり、人間関係を表すときがあったり、カードの並びで隣同士が熟語のようになっていたりと、色々変わることがあるのとも似てると思います。それにカード自身、出てきた展開によって表すキーワードも変わりますしね。

だから記号は、ヒントのひとつとして使えるけれど、それに縛られる必要もないものです。インスピレーションでいろいろな読み方が出来るかと思いますよ。自由に楽しんでみてくださいね。



父の家=カウンセリングルームとは思いもよらなかったです。父親の仕事や親類も、意外でした。そういう見方もありますよね。
私は、自分の心の中にある鳥居…と思いました。迷っても、苦しくても。いつでも、帰っていける場所があるんだよ、って。


その印象が浮かんだということは、今回「父の家」がS様の元へ来た理由は、その鳥居が選んだからかも、と思いました。
素敵なメッセージですね!私の印象は第三者から見て思ったことですので、心に触れる部分があればご利用いただき、基本は、
ご自身のインスピレーションを大切になさって下さいね。

(この記事を書きながら思ったのですが、そういえば鳥居の中は「境内」と言うし、鳥居は境目に立っているものですね・・・!)


「境」のゆつ様の印象、考察もとても興味深いです。
特に「」という部分。オラクルで「旅行」のカードが良く出るのですよ^^;
ちょうど、カモワンをお願いした時期のPANDORAifさんのおみくじにも「」とありまして…。
旅に出たいなー…という気持ちは前々からあるのですが、なかなか状況が許さないので、上の人にお願いしておきました。^^;



これは面白いシンクロですね!大きな旅は難しいかもしれませんが、日帰りや、数時間の旅だったら、出来るかもですよね。

「利用する」のところで、公共交通機関(電車やバス)が浮かんだので、「乗り物」の事を書いたのですが、
そういうものを使って降りたこと無い駅や終点にいってみる、美術館や動物園や公園などなど、何かイベントのあるところや、ちょっと非日常な場所に足を伸ばすのも、ちょっとした旅感覚で面白いかもしれませんよね。

乗り物と一緒に「図書館」が浮かんだのも、違う環境で、普段読まないジャンルの本なんかをぱらぱらしてみるのも、
ある意味旅なのかな・・・なんて思いました。

どちらも、日常と非日常の「境」を繋ぐもので、それを覗ける手段、そんな感じはありますよね。


「吠える」これなんかは、実際に声を出してみて、結構効果的だと思いました。スッキリします。
ヨガでも、3点(頭頂・額・お腹)を意識しての発声をしますが、発声後は、どっしりと落ち着いた気分になります。


ヨガをやっていらっしゃるんですね!その発声は効きそうですよねえ!
これが、実際にやってました、という言葉の内訳だったんですね☆ 面白いです!


ヒントを頂く時期ですが、丁度良かったです。アフターフォローのメールを頂けるなんて思いもよりませんでした^^
ありがとうございます…!


私の説明が悪くてわかりにくく、本当に申し訳ありませんでした。今後はもっと分かりやすく書くように改善していきます。このところS様のことが気になったので、こちらの印象は必要ないということかもしれないけれど、そろそろいいかなとこちらから連絡してしまいました。時期が丁度良かったということ、お役に立ててよかったです。しかし、こちらの対応のまずさから起こったことでしたので、この度は大変ご迷惑をおかけいたしました。


鍵言葉を頂いた当時だけでなくて、今の状況にも当てはめて考えられるのが面白いですね…!
ゆつ様のこの時期のヒントでそれが見つかりました^^



楽しんでいただけて、それにヒントになったようで、本当に良かったです!
今のこの時期を楽しくお過ごし下さいね☆ありがとうございました。


__________________________________________________________

今月の鍵言葉でも、「吠える」という言葉が2箇所も出ているので、この言葉が来ている人達にも参考になるのかもしれないと思い、鍵言葉の例として、S様にブログへの掲載をお願いしました。

S様、今回のやりとりの掲載を快諾してくださって、本当にありがとうございました。

そして鍵言葉の印象をお送りすることについて、S様はじめお客様には、わかりにくくて大変ご迷惑をおかけ致しました。おわび申し上げます。この反省を生かしてこれから改善していきます。問題に気付かせてくださってありがとうございました。


私はまだまだ未熟者で気付かないことも多く、お客様にこうして教えていただきながら勉強させていただいております・・・。
これから先、もっと分かる人間になって、お客様によりよいサービスをご提供できるよう努力してまいりますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。                                ゆつ


__________________________________________________________

オマケ(2009ー05ー15)
今回のS様の記事を書いていて、「鳥居」からふとこの作品を思い出しました。
神社は管轄が違って安全なこと、現実と電脳空間が同時に存在しているが、電脳空間は眼鏡をかけないと見えないこと、鳥居の向こうの謎と心や夢の世界と記憶・・・
自分の幼い頃の記憶もよみがえるような気がして、心の深いところに何かを感じさせてくれるような作品です。

電脳コイル (1) 通常版 [DVD]電脳コイル (1) 通常版 [DVD]
(2007/09/25)
折笠富美子.桑島法子.矢島晶子

商品詳細を見る

作品の内容自体や視点が非常に面白いのですが、オープニングとエンディングの歌も素晴らしく、聴く度にホロリとして、前に進もうという勇気をもらってます。

ミュージシャンの池田綾子さんへのインタビューによると、この作品の監督・磯光雄さんが、彼女に「現在の人が過去を振り返ったときに、過去に、未来にいつかあんな未来が来るだろう思ったこと、それを思い出しているこの現在の人。過去・現在・未来というのが、時間軸でずれていく、そういう時間軸のもつれを描きたい。それを音楽で描いて欲しい」と話したことから生まれた歌ということです。

池田さんはこの作品に対し、「世代を超えて思うことがあって、それはいつも普遍的なものであるのだけれども、果たしてそれに近づけるんだろうか、自分はそれを掴むことが出来るのだろうか、知ることが出来るのだろうか・・・そういう大人も子供も抱くようなことというものを、すごく描いている(作品)だなと思っていて、私も自分の中からどんどん音楽が溢れたんです・・・」と話されていました。
  


この2曲をS様と読んで下さった皆様にプレゼント。何となく「13番」の境目と、「愚者」の新しい旅の始まりのイメージ。
コメントが邪魔なときは、画面を触って右下あたりに出てくるコメントボタンを押して×にして下さいね。



CD:プリズム/空の欠片 OPのプリズムも良いですよ♪

オトムスビオトムスビ
(2009/05/20)
池田綾子Kumiko Hasegawa

商品詳細を見る
新しく出るこちらにも収録されています。
Posted byゆつ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply