2015-02-01

2月の鍵言葉

新しい年の初めの1ヶ月、皆様どうお過ごしでしたか?

記事のUPが遅くなり、今月の鍵言葉を楽しみにして来てくださった方には申し訳なかったです。
今回は2月のカードからのメッセージではないので、興味のある方だけ宜しければお読みください。
2月のメッセージは後日改めてUPしますね。


私事ですが・・・先月のカード達のメッセージが気になり、今月を迎えるまでにと、23年間持ち続けていた性犯罪者の懺悔(?)の手紙を1月の終わりにやっと処分しました。

懺悔の手紙と言っても、私の事を悪く書いてあって、やったことに関してはぼかしてあり、やったことに関しては反省しているけれど同意していると思った、自分の子供が今年受験なので、表沙汰にするのはしばらく待って欲しい、私が表沙汰にすれば、自分の関係内家族はどれだけ苦しむことになるだろう、というような内容が書いてありました。(当時は私も未成年でしたし、子供、しかも娘もいるのにこんな事するんだ、とびっくりしました。)

結局表沙汰に出来ないまま、でもいつか暴露してメチャクチャにしてやりたい、という思いがあって手紙をずっと持ち続けてきました。性犯罪に遭った時より、その後の人生への影響の方がものすごくきつかったからです。「報復」する為には、自分側の状況や実際あったことの補足を文章にまとめなくては、と思いましたが、少し書いたまま、苦しくてずっとそのままになっていました。

女性として一番輝く時であろう時代は真っ暗で、親等周りの人間のことを思うと自殺は出来ないけれど、早くお婆さんになって寿命が来て欲しい、と願いつつ、なんとかこの苦しみから抜け出せないか、分かってくれる人はいないか、ともがきながら、無理に人前に出たり、ひきこもったりもしながら過ごしました。

そんな私は蜘蛛の糸を掴もうとしていたのでしょう、掴んでは落ち、掴んでは落ちで、どん底まで行ってから、やっと自分の人生を仕切り直そうと思いました。当時は誰かに認められたい、助けて欲しいからと、自分を変え、好みではないものも受け入れる努力をするのに必死で、本当の自分の好きなものが何かすら分からなくなっていたからです。そこから変えようと思いました。本当に好きな色、食べ物、服、それを見つけるところから。

そうしているうちに、少しずつ良い人に出会え、気持ちも少しずつ楽になり、今では死なずに生きていればこんな時代も来るんだな、と思えるくらいになれました。

でも、ずっと手紙は捨てられませんでした。面白い事に、手紙のしまってあるあたりはいつも澱んでいるように物が積み重なったりして、部屋は心の状態を表すって本当だなと思ったりしました。でも手放す踏ん切りはどうしてもつかず、手放すならこの性犯罪者の家に菓子折の中にでも仕込んで、家族が発見できるよう送り返そうかとか、いろいろ仕返しの方法を考えたりしました。

でも、心の中では、仕返しをするよりも、多分私にとって良い結果になるのは、手放すことなのだろうな、とずっと思って来ました。人を呪わば穴二つ、といいますし、こうして恨み続けているから、どうしても過去に囚われたまま前に進めないと思えていましたし。それで、もうこれは神様に委ねようと、燃やして灰を水に流すことに決めました。

過去において、性犯罪者を許そうと努力したこともありましたが無理でした。反省と謝罪の手紙を書いてよこしたのだからもう被害者は生まれないと信じようとしましたが、10年後に他の都市の新幹線の駅でその人が偶然側に立っていました。それにも驚きましたが、横には場違いなみすぼらしい格好をしおどおどした女性が見送りに来ていて、電車がホームに入ってきたら女性がいきなりキスをしているのを目撃しました。彼女がおかしくなっていること、私も昔同じような格好をさせられて人前に出されたこと、性犯罪者が過去に私の見たことのある顔をしていることで、同じような被害者であると思いました。ショックで睨む以外何も出来なかったのですが、証拠写真を撮って脅せば良かったと未だに後悔するほど。やっぱり謝罪の手紙は嘘で、こういう人は繰り返すんだな、と確信しました。

(ちなみにこの人は教師で、授業で従軍慰安婦問題をいつも取り上げ、日本の軍人は最低だと言っている人でした。最近慰安婦問題の嘘が暴露されてきたので、先生嘘つきぶりがますます証明されているようで嬉しかったりします。)

ですので、恨みを捨てるためにではなく、天に制裁をお任せするために、手紙を燃やしました。絶対許せないけれど、自分がなんとかしようと抱え続けていては、自分が進みたいと思っている新しい人生にいつまで経っても踏み出せない、今までどうしても進めなかったのは、この手紙への執着と恨みがネックになっている、という気はとてもしていたので。だから、許すのではなく、手放すことで神様に委ねて、因果応報をお願いしました。執念深いですよね(^^;

今はまだ処分したばかりなので、これでどう自分の気持ちが変わるのか、望む人生に踏み出せるのかはまだ分かりませんが、間違いなく今までと違う一歩を進められたとは思います。今の自分にとっては背水の陣を敷いたような自分を追い込んだ氣分ですが、ここからどう変わるのか、楽しみに観察したいと思います。


実は、手紙を燃やす前に、「この手紙を天に委ねて手放すことで、私は楽になって、次の段階に進めますか?」とタロット達に尋ねました。

そうしたら、「あなたはずっとこの手紙と恨みを隠し持ち、でもどうしてもそれを晴らす実行に移せなくてずっと座り込んだままだったですよね。本当にそういう気持ちになって先に進みたいのなら、バッサリとあなたのこれからの未来にいらないものは切り捨てる覚悟をすること、周りの人の意見を聞くのではなく(実際友人に、手放すべきなのだろうから手紙を送り返そうかなどと相談していました)、自分が本当に本心で思ったようにすることです。あなたは神に委ねると決めたのだから、自分の意志でそれを実行に移してごらんなさい。そうすれば、あなたは自らをがんじがらめにしていた状態から解放され、望んでいたことが叶うでしょう。もうその徴候は見えていますよ。」ということでした。
(吊るしR・女帝R・13番・斎王
 神の家・皇帝)


12年前、本当にどん底で取り返しがつかなくて一人ぼっちになったと思い、初めてびっくりするほど声を上げて泣き、誰か私を護ってくれる存在が欲しいと思った直後、浮かんだ名前がありました。調べてみたら神様の名前で、さらに後日気に留めたこともなかった氏神様の名前だったことがわかって驚きました。こんな信心もなかった自分でも、氏神様って見守ってくれてるんだと・・・。

そんな小さな不思議な経験から、真っ暗だった人生から光の差す方へ少しずつ歩き出せ、今に至ると思えていますし、今までの苦しい経験も、全てもっと良くなるため、幸せになる為のきっかけというか足掛かりというかそういうもので、そう進んでいけるように、見守ってくれている存在はいるのだな、と思えています。今の自分の人生が、過去には想像できなかったほど、違うものになったことでそう思えます。そんな経験があったから、今回、神様に委ねる、という発想が出てきたわけなのです。(そして神様なら、きっと私よりずっとうまくやってくれるだろうと、そんな思いもあります(^^;)


また、不思議な流れでタロット鑑定を始める事になり、こうして沢山の方の、悩みから踏みだす為に殻を割ろうとしている節目に立ち会わせていただいていますが、過去の自分は周りはみんな幸せそうで自分ばかり一人ぼっちと思っていたけれど、みんなそれぞれ苦しみを抱えて生きていることを教えられ、タロットとお客様の間を繋ぐ仲介をさせてもらえることで、こんな自分や過去の経験も人の役に立てられるのではと思え、御縁を不思議に感じています。

今回の私の行動が、どんな未来に繋がるか分かりませんが、今まで見えていなかったものや繫がりがぽつぽつ見えて来たような気もします。こんな話でも、いつかもしかしたら誰かの役に立つかもしれないし、自分としてもけじめという気持ちも込めて書き残しておきたいし、これから起こることを楽しみにしたいから、ブログの記事にすることにしました。
人生本当に色々な事がありますが、不思議や興味深いこともいっぱいな航海なのだなあと思います。
長々ととりとめのない文章の重い話を読んでくださりありがとうございました。

2月のカード達からのメッセージ、改めて後日UPさせていただきますね。


では今月も良い航海をしていきましょうね☆ 

読んで下さった皆様のお役に立てば幸いです。


ゆつ


オマケの鍵言葉。
♠智慧 ♡前途 ♣卵を産む ♢時の移り変わり


*あなたのカードからの、今月の言葉をお届けします*

鍵言葉は、あなたのパーソナルカードから今月のあなたへの、4つの言葉の贈り物です。
キーワードやおみくじとして、メッセージとして、迷ったときのヒント、瞑想や思考のための材料・・・などなど、
あなたなりのアイデアで自由にこれらの言葉を見てみてください。きっと何かのカギになってくれることでしょう。

今月の鍵言葉、あなたのパーソナルカードの数字を使って受け取ってくださいね☆
__________________________________________________________

パーソナルカードとは
 パーソナルカードとは、あなたの生まれながらにして特殊な関係を持つタロット・カードのこと。
 0番の「愚者」から21番の「世界」までの、22枚のカードの内の1枚になります。

パーソナルカードの割り出し方
 ① 西暦の生年月日の数字を全部足します。
 ② 合計が21以下だったらそのままの数字
  22以上だったらその合計から22を引いた数が、あなたのパーソナルカードの番号です。

例:1980年1月1日生まれ
  1+9+8+0+1+1=20 
  パーソナルカードは20番の「審判」


  1970年3月11日生まれ
  1+9+7+0+3+1+1=22  22-22=0
  パーソナルカードは0番の「愚者」


  1975年9月28日生まれ
  1+9+7+5+9+2+8=41  41-22=19
  パーソナルカードは19番の「太陽」

__________________________________________________________

0.愚者    ♠開かれている ♡見ている ♣リンゴ ♢若者

1.手品師   ♠長所 ♡勝利 ♣誘惑者の形を取る ♢祭

2.斎王    ♠∞無限 ♡永遠 ♣美しい女性 ♢実行

3.女帝    ♠臍の緒 ♡決断せよ ♣舞い降りてくる ♢伸びる

4.皇帝    ♠過去に学ぶ ♡愛 ♣25 ♢需要

5.法王    ♠紋章 ♡勇気 ♣華やぐ ♢コントロール

6.恋人    ♠子供 ♡瓶 ♣浴びる ♢会社

7.戦車    ♠ヴィジョンが浮かぶ ♡青 ♣思考 ♢ヴェール

8.正義    ♠太くなる ♡組織力 ♣密接に結びつく ♢治癒

9.隠者    ♠志を高く ♡しっくり ♣消極的すぎる ♢3つのもの

10.運命の輪 ♠隷属に気が付かない ♡未来 ♣昼 ♢今

11.力    ♠成功の始まり ♡棒 ♣ちらっとみる ♢印

12.吊し   ♠海 ♡生命 ♣母性愛 ♢上昇

13.13番   ♠膨らませる ♡消極的すぎる ♣天使の働きに気付いていない ♢正当性

14.節制   ♠愛情 ♡上下に分かれる ♣得意なところを生かす ♢弱める

15.悪魔   ♠腹の据わった ♡神殿 ♣プライド ♢水瓶座

16.神の家  ♠外柔内剛 ♡買う ♣無尽蔵 ♢13番

17.星    ♠智慧 ♡襟 ♣女神イシス ♢稲妻

18.月    ♠奇跡 ♡公式発表 ♣危機 ♢必然

19.太陽   ♠トランペット ♡国際的 ♣間接 ♢停滞

20.審判   ♠降臨 ♡隠者 ♣健康 ♢手仕事

21.世界   ♠うず ♡ストレス ♣甘露 ♢薬・道

______
____________________________________________________

何か心にピンと来たり、連想がふくらんだり、発見やシンクロがあるかもしれません。
バラバラで見る、繋げて文章にする、音に注目してみる、などなど色々遊べますよ。
他にも、自分に関わりのある数字や気になる数字の所を見てみたり、
言葉の中にカードの名前が出てきたらそこも見てみるなど、インスピレーションを使って自由に楽しんでくださいね☆

また、鑑定で出たカードの1つ1つを、その月の鍵言葉で調べてみると、シンクロやメッセージが見つかったりするようですよ。

なんとなくマイナスイメージな鍵言葉を見て心配になった方へ・・・解釈のヒントはこちら

こんな使い方をしてみた、こんなシンクロがあった、などのお話がありましたら、ブログ上で皆様とシェアしたいので、是非コメントで教えてくださいね♪


でも、使い道が何も思いつかなかったり、何か手がかりが欲しいときは、頭につけた記号を利用して、例えばこんなキーワードをヒントにしても。

♠:(剣) 男性性・陽    思考・決断・問題などについて     天と繋がる           (風) 双子座・天秤座・水瓶座
♡:(杯) 女性性・陰    愛・感情・心などについて       インナーチャイルド・潜在意識  (水) 蟹座・蠍座・魚座
♣:(杖) 精神・心・内   仕事・趣味・人間関係などについて   潜在能力・才能・使命      (火) 牡羊座・獅子座・射手座
♢:(玉) 行動・体・外   金運・健康・現実などについて     グラウンディング        (地) 牡牛座・乙女座・山羊座


今月の裏テーマの鍵言葉:趣味
            ↑なぞってみてね

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ゆつ

Author:ゆつ
*ようこそ天鳥船へ*

カモワン・タロットは、
占いのツールというより
世話好きでおしゃべりな
カウンセラーみたい・・・
と思いつつ付き合う日々。

カード達のメッセージを
あなたの元へ届ける
お手伝いを致します。
___________

*キリ番プレゼント*

キリ番を踏んだ方に、
オラクルカード一枚引き
を贈ります。

踏んだ方は、
鑑定のオマケと同じ
「エンジェルの癒し」
「アスクユアガイド」
2種類のカードの内
どちらかを選んだ上、
メールにて
お知らせ下さいね。

次は31700番、
31777番です♪

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック